心臓病

すっぽんで心臓病を予防する

血液が足りなくなると、人間は生存してゆくことができません。
血は、車にとってのオイルやガソリン以上に大切な液体です。
血液という川の流れに乗って栄養が体の各部位に届けられるため、血液が不足すると、貧血という症状として表れます。

その血液を送り出すポンプの役割をしている器官が、心臓です。
車で例えるとエンジンです。
このエンジンが正常に動いてこそ、人間の生活が保障されます。

血液を送り出す心臓を正常な状態に保つことが大切ですが、状態が悪くなってしまうと、体の各部位に血液がいきわたらなくなり、いわゆる『新陳代謝』が下がります。
車は、オイルの状態が悪くなると、燃費が悪くなり、車の調子が不調になります。
それと同じように、心臓を良い状態に保つためには、綺麗な血液が欠かせません。
動力を助けるためのオイルを、いつも良い状態に保つ必要があるのです。

この点で有用な食材として知られているものが、『すっぽん』です。
巷ではよく高級食材として扱われていますが、このすっぽんには血液を綺麗に保つ「血剤」という働きがあります。
すっぽんに含まれた多様なビタミン類が、血液をサラサラにし、心臓の働きを助けるのです。
よって、心筋梗塞などの心疾患を未然に防ぐことができる、万能の食材なのです。
専門店に行くとすっぽんのコース料理を食べることができ、定番のスッポン鍋もおいしく食べることができます。
しかし、このようなコース料理の場合毎日食べることは難しいですよね。
すっぽんを毎日摂るにはサプリメントでの摂取が一番効率の良い摂取方法でしょう。




このページの先頭へ